ウィンドウズ(Windows)のロゴマークは出るが、その先に進まずパソコンが起動しない

ウィンドウズ起動画面

オペレーションシステムの起動メータが画面に出たり、ウィンドウズ開始のロゴマークが出た後にSTOPしてしまうような時は何らかの論理障害が起こっている可能性があります。

原因として、ウィンドウズのレジトリやシステムファイルやバッドセクター(BAD SECTOR)のトラブルが考えられます。それ以外では、ウィルスへの感染でもSTOPしてしまうケースがあります。

解決方法としては・・・

解決方法

F8キー

  • 詳細ブートオプション
  • Windows 拡張オプション メニュー
  • 前回正常起動時の構成
  • セーフモード

 

一度電源切り、電源を入れた後、『詳細ブートオプション』が出るまで、繰り返しキーボードの「F8」を押します。「Windows 拡張オプション メニュー」と表示されるOSもあります。
そして、メニューから『前回正常起動時の構成』を選択してください。

詳細ブートオプション

この方法で起動できなかった時は、『セーフモード』を選択すると起動できるかもしれません。
『セーフモード』でウィンドウズが開始できたのであれば、システムの復元機能で通常の状態に戻せるはずです。

 

システムの復元機能を起動させるには

システムの復元機能

 

WindowsXPの場合は上記のようになります。

順番は下記の通りです。

  • スタート
  • すべてのプログラム
  • アクセサリー
  • システムツール
  • システムの復元

 

OSによって若干、違いますが、大体は似たようなものです。セーフモードで起動できれば、このシステムの復元機能を使ってOSのエラーを回避できる場合があります。

 

『前回正常起動時の構成』で起動する場合

ウィンドウズ2000もしくはウィンドウズXPを使っている方は、、『詳細ブートオプション』や「Windows 拡張オプション メニュー」で次のようにして『前回正常起動時の構成』で動くかどうか試してください。

  1. 電源ON
  2. コンピュータが起動作業に入っている時にキーボードの「F5」もしくは「F8」を押します
  3. 『ウィンドウズ拡張オプションメニュー』が登場したら「F5」「F8」KEYを離します
  4. 次にキーボードの「↑」「↓」を使って『前回正常起動時の構成』を選び、ENTERを押します
  5. 画面に『オペレーションシステムの選択』と出るので、起動させたいオペレーションシステムを選んでENTERを押します

ウィンドウズをインストールしなおす場合

『前回正常起動時の構成』『セーフモード』のどちらでも起動できなかった場合、ハードディスクの中にある起動関連のプログラムが破壊されているのかもしれません。

付属の復旧用リカバリCDで復旧起動し、ウィンドウズをインストールしなおす方法がありますが、これは、ハードディスクをフォーマットする作業であるため、データが消えてしまう可能性があるということを覚えておいてください。

尚、最近のプリインストールされたパソコンの多くは予め自分でリカバリーディスクを作成していないと初期化リカバリーCD-ROMが付属しておらず出来ない場合があります。

またOSがあるパーテーションとは別のパーテーションにリカバリー領域がある場合があります。このリカバリー領域にアクセスするにはメーカーや型番ごとに違うのでメーカーに確認してみると良いでしょう。

初期化リカバリー領域

 

いずれにせよ、初期化リカバリー作業はデータ消去を伴いますので、データのバックアップが取れていないうちはしない方が安全です。データが大切なものである場合、初期化リカバリーする前に、データ復旧業者に依頼するか、自分でデータ復旧作業をする必要があります。

コメントは受け付けていません。