GPT保護パーティションと表示されてウィンドウズPCからハードディスクにアクセスできない

マックとウィンドウズのどちらでも使えるようにすることを目的として、
バッファローのLS系リンクステーションなどでもGPTが用いられるようになりました。

この影響により、マックで使用していた外付けのハードディスクドライブを、
古いオペレーションシステム(OS)を使っているパソコン(Windows)で接続しようとすると、
GPT保護のためのパーティションにより接続できない場合が出てきます。

どうにかしてデータを抜き取りたいと考え、ハードディスクをSATAして、
たとえパソコンに接続が出来たとしても、
やはりGPT保護により、普段のようにハードディスクを使うことはできません。
状況によっては
「フォーマットされていません、フォーマットしてください」
というメッセージが出て、エラーになることもあります。

そこで、パーティションを削除してフォーマットをし直すために、、
もし、ウィンドウズXPを利用していた場合なら、
コントロールパネルからディスクの管理を選んで、パーティションの削除に進もうとしても、
そのメニューが選択できないようになってしまっています。

これは何故かというと、
マックで使用されている新しい形式のパーティション(GPT)でコントロールされているハードディスクのため、
ウィンドウズで使われている古い形式のパーティションによって破壊されることのないように
保護されているからなのです。

ウィンドウズXPより以前のオペレーションシステム(OS)では、
GPT保護パーティションのハードディスクに繋げようとしても、
全く受け付けられないような状態になります。

コメントは受け付けていません。