ハードディスクの物理フォーマットとは何か?

ハードディスクの物理フォーマットを行うと、
HDD内の情報ははすべて初期化され、中身のデータは消えます。

少し前までなら、データを完全に消すためには、この物理フォーマットを行うのが常識でした。
もっと具体的に言うなら、
昔、一般的に使われていたフロッピーディスクを初期化する時に行われていたのはこの物理フォーマットです。

しかし・・・

最近のHDDは、高密度な上に精密な機器であるため、
物理フォーマットを行うことにより起こるリスクが高くなっています。

つまり、失敗をするとHDDにトラブルが起こってしまいやすく、
それはHDDが壊れ、保存してあってデータの消失を意味します。

そのため、現在ではHDDの物理フォーマットは出来ません。

今現在、物理フォーマットが指すものは、
「ゼロフィル」を使用してでHDDに上書きをするという方法です。

<データが読めない状態にする>という考え方においては、
物理フォーマットでもゼロフィルでも、結果に違いはないので、
現在では、このゼロフィル処理が物理フォーマットを意味するようになりました。

 

また物理フォーマットと論理フォーマットの違いは、
初期化するものが、それぞれ異なるという点にあります。

そのためパソコンを、これからも自分が使うのなら論理フォーマットを行い、
誰か他の人に譲ったり、廃棄をするのでしたら物理フォーマット(ゼロフィル)を行うようにするのが良いでしょう。

 

コメントは受け付けていません。