ハードディスクの開封確認はデータ復旧会社に依頼するときの必須ポイント

HDDに物理障害の兆候が見られる場合、
データを復旧するためにはHDD(ハードディスク)を開封しなければならないことがあります。

この作業を行う必要がある時は、
そのHDDを修理するわけではないので、完璧に元の状態の戻ることはないと思っておいて下さい。

HDDは精密機器であり、ナノ単位で計算され組み立てられているものなので、
「分解出来たのだから元に戻せる」という考えは残念ながら当てはまりません。

専門のデータ復旧会社に依頼するしか方法はないのです。

PCが動かない・ウィンドウズのロゴが出る前に動作が止まってしまう、
などのハードディスクに異常な事態が起こった場合、
データ復元のためには専門業者に頼むことになります。

ですが、問題なのは、
その時にHDDを開けるかどうかがポイントになってきます。

戻ってきたHDDが、データに問題がなく
他の業者でも見積もりが取れるような状態なら平気なのですが、
悪質な業者はHDDのデータ面にマジックで何か書いていたり、
ネジが無くなっている状態で組み立てられたり、
ファームウェアの書き換えすることがあります。

このように、あまりに酷い状態で返ってきた場合には、
他の業者で見積もりを出すことが出来なくなるので、
高額な料金を払って細工をした業者に復元してもらうか、
仕方がないのであきらめるか、
選べる道は、この2点だけになってしまいます。

つまり、最初に頼む業者を選ぶ際には、特に慎重に検討する必要があります。
また、まずデータ復元を依頼をする時には、
HDDを開けるかどうか事前に連絡をもらえうように確認をすることは必須項目と言えます。

 

コメントは受け付けていません。