ハードディスクドライブ(HDD)の故障と症状

突然HDD(ハードディスクドライブ)が壊れてしまったという例は良く見られます。

しかし、突然と思っていても、実はそれなりの前触れが表れているケースが多くなっていますので、この前兆を見逃さず、早めに対処をすることがPC内の情報を消失させないためにも必要です。

故障トラブルの前兆として見られる症状としては、

  • データの読み書き時にERRORになる
  • フォルダを開くことが出来ない
  • これまで聞いたことのない変な音がする
  • アプリケーションソフトのセットアップ・インストールが出来ない
  • データを保存するときに異常に時間がかかる

 

OS起動時に出るERRORのメッセージとしては・・・、

  • OPERATING SYSYEM NOT FOUND
  • NTLDR is missing Press Ctrl+Alt+Del to restart
  • DISK BOOT FAILURE?

パソコンは電源スイッチを入れると、まずマザーボード上のBIOSが動き始めます。
この作業がスムーズに行くと、その後ブートシーケンス(BIOSがBOOT DISKを探し始める作業)を行います。

シーケンスが終わり、BOOT DISKが決まると、
次に、OSをどのように起動するか等の情報が記録されているマスターブートレコード(MBR)が読み込まれます。

マスターブートレコードはHDDの先頭に置かれている512バイトの部分(セクタ)です。

このマスターブートレコードが破壊されてしまうと、
パソコンはウィンドウズなどのOS起動が出来なくなってしまいます。

コメントは受け付けていません。