ハードディスクドライブ(HDD)の仕組みはどうなっているの?

HDD(ハードディスク)とはデータを保存、記録するための装置です。
アルミニウムやガラスのディスク(これをプラッタと呼びます)に、磁性体を塗りつけ、
磁気ヘッドを使って、データを読み書きします。

ディスクを複数重ね合わせ、高速回転させ
そこに磁気ヘッドを10nmまで近づけてデータを記憶させるのですが、
ディスクと磁気ヘッドの距離がとても近くなるため、わずかな衝撃でも衝突してしまうので
壊れやすく、振動に弱い作りであると言えます。

そのため机の上からの落下や、
落雷などの衝撃などは厳禁です。

HDDは、円盤、磁気ヘッド、磁気ヘッドをプラッターに移動させるためのアームアクチュエーター、制御基盤から成っています。
円盤のような形をした金属のディスクに磁性体を塗り、
アクチュエーターで磁気ヘッドを目的の場所にを移動させ、
その場所の磁性体の磁気を変化させてデータを記録するのです。

プラッタは1枚のディスクのことであり、
プラッタの表面をヘッドと言います。
何枚も重なったプラッタは、順にナンバーが付けられ、
円盤のどこに情報を保存したのかが分かるように、
各円盤を区分ごとに分けて、範囲を定めることが出来るようになっています。

ディスクのサイズは、
ノートPC用が2.5インチ。
デスクトップPC用が3.5インチ。
PCとのディスクを接続するため使用されているのは、
スカジー(SCSI)・IDE(ATA)・サタ(SATA)・などになります。

また最近ではフラッシュメモリー系のSSDなどがハードディスクの代替として普及し始めています。

コメントは受け付けていません。