ゴミ箱 復元するときに注意すべきこと

うっかり必要なデータを削除してしまった、
さらにはゴミ箱まで空にしてしまった。
このような時、なんとかデータを復元できないかと慌ててしまいますよね。

物理障害は当然のこと、論理障害であっても、
データを復元しようと、長時間電源を入れていたり強制終了をしてしまうと、
余計にデータの復元ができなくなってしまうことがあります。

 

色々と復旧作業を試みている内に、
データを上書きしてしまって復元不可の状態にしてしまうこともあるので、
障害が起きたPCやHDDには手を付けず、
トラブルについてネットで調べる場合には、他のPCから行うようにしましょう。

 

今、調べているこの情報も、トラブルの起こっているPCやHDDからアクセスすることは止めてください。
PCはインターネットからのデータをダウンロードして、
次回に再度ダウンロードしなくても良いように、キャッシュ機能を使って保存します。

しかし、新しくインターネットに繋ぐことにより、今までのデータを上書きしてしまい、
そのまま手を付けない状態だったら復元できたはずのデータを、
復元ができない状態にしてしまうので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。