データ復旧作業を自分で行う場合にやってはいけないこと

大事なデータをうっかり削除してしまい、かつゴミ箱まで空にしてしまった場合などは、
そのデータを自分で復旧することが出来ます。

データの復旧ソフトを利用すれば、意外と簡単に自分で復旧できるのです。
しかし、気を付けるべき点がいくつかあるので、注意するようにしましょう。

 


1.PCの電源投入および強制終了を連続で行ってはいけない

2.スキャンディスクやデフラグメンテーションを行ってはいけない。
OSのエラーだけの問題であれば、効果があるかもしれませんが、
それ以外の場合は、データ復旧できなくなる可能性があります。

3.HDDを自分で開けてはいけない。
個人で開けてしまった場合は、データ復旧は不可能となると思ってください。

4.インターネットでやり方等を調べたい時には、別のPCで行うこと

5.データ復旧ソフトをインストールしてはいけない。
データ復旧ソフトとは、障害が起こる前の正常な状態の時にインストールして使用するものです。

6.データの復旧先としては、別に外付けのHDDを準備して、データはそちらに保存すること。
障害HDDには、絶対にデータの上書きはしない。
また、その際には、障害HDDと上書きHDDの容量を変えた方が、間違える確率が少なくなります。
復元先を間違えると、必要なデータは二度と戻らなくなります

コメントは受け付けていません。