様々な原因でハードディスクは物理障害を起こす

データの損失の原因として、

・HDDなどのハードウェアのトラブルによるもの
・人間によるミス


・コンピュータプログラムの誤った起動
・OSの不具合やウィルスによるシステムの破損・間違えてデータを消してしまった

などがあります。

地震・台風による水害や落雷などの天災により、データが損失してしまうケースもあります。

その中でも、HDDなどのハードウェアの故障によりデータが損失してしまった、という事態が一番多いようです。
故障とは、ハードディスクドライブに障害が起こったり、
電気経路に不具合が起きるようなことであり、
一般に「物理障害」と呼ばれています。

人間のミスによる物理障害も意外と多く見られます。
外付けのHDDやノートPCを落としてしまった、などの不注意によるものです。

このような物理障害の場合は、データ復旧を専門としたプロに依頼しないと、
データを復旧することは不可能でしょう。

コメントは受け付けていません。