データ復元ソフトは有料、フリー問わず危険

データ復元を依頼する機会の少ない一般の人にとって、
復元業者を選ぶ基準というものは、かなり分かりにくいと思います。

特に、料金に対する知識がないため、
その価格設定にビックリする方も多いようです。
そして、あまりの高さから業者への依頼をあきらめ、
データを復元できるフリーソフトを利用しようと考えます。

しかし、PCに対する知識の深い人でなければ、
このソフトを使いこなすことは難しいのです。
これは、有料のソフトであっても同じです。

 

私の元へも、有料であれ無料であれ、
とにかく復元ソフトを使って復元を試みたけれどうまくいかない

という相談が、ほぼ毎月寄せられます。

データ復元ソフトとは、PCを購入した時にインストールしておくものであって、
トラブルが起こってから慌ててインストールするものではありません。

最近では、ソフトをインストールしないで使えるものもありますが、
PCに詳しい人でないと、大体うまくいかないようです。

しかも「データが復元できなかった」というレベルではなく、
「もう復元は不可能となってしまった」状態にまで発展してしまうのです。

たとえPCに詳しいと自負していても、
うっかりデータの上書きをしてしまったりと、
間違いを起こしやすいソフトと言えます。

私が相談された時の答え方としては、次の通りです。
「データが復元できなくなっても構わないようなものなら試してみても良いかもしれません。
しかし、あきらめられないデータであったなら、復元専門の業者に頼むことをオススメします。
PCの電源も今すぐ切るようにして下さい」

このお伝えする内容は、その方のPCの知識に関係なく、どなたでも同じです。

有料であれ無料であれ、復元ソフトは操作間違いによる失敗が非常に多くなっています。
普段あまり行う機会がない上に、
データを消してしまわないようにという先走る気持ちが、逆に働いてしまうのかもしれません。

コメントは受け付けていません。