データ復旧サービス見積り時におけるデータ確認

データ復旧について業者に見積もり依頼をすると、
見積書と一緒にファイル一覧が提示されます。
これは確認のためのものなので、キチンと目を通しましょう。

また、データファイルの拡張子について確認することも大事なポイントです。

word・excelの拡張子は、主に【.doc】【.xls】
画像の拡張子は【.jpg】となります

この拡張子が【.lnk】であった場合は注意してください。
【.lnk】はショートカットであり、実体のないファイルになります。
本物であるデータの名前とショートカットの名前は同じであり、拡張子だけが異なるのです。

 


具体的に説明すると・・・

<ファイル復元業者比較>という名前のデータをwordで作成したとしましょう。
そのデータは【ファイル復元業者比較.doc】というファイル名になります。

次に、そのデータのショートカットをPCのデスクトップに作成します。
そうすると【ファイル復元業者比較.lnk】という名前のショートカットが出来上がります。

つまり、<ファイル復元業者比較>という名前のファイルが2つ作成されるのです。

拡張子が異なっていることが分かっていれば問題はないのですが、
PCに詳しくない人は、違いが良く分かっていない場合があるかもしれません。

業者から提示されたファイル一覧を良く見ると、
【ファイル復元業者比較.lnk】の名前は記載されているけれど、
【ファイル復元業者比較.doc】の名前は記載されていなかった。
この場合、
【ファイル復元業者比較.doc】は復旧の対象となっていない、という事です。

業者は現状のHDDから読み取れる情報から、データを取り出します。
障害が起こる前のデータやファイル名については何も知らない状態です。
障害が起きる前の状況について一番分かっているのは、データを作ったお客様自身です。

業者から提示された、復元が可能であるファイルの一覧を元に、自分の記憶と照合し、
必要なデータが全て記載されているかどうか、しっかりチェックするようにしましょう。
その際、拡張子についても意識することが大切です。

もし、思い違いをして【ファイル復元業者比較.lnk】のまま、正式に依頼をしてしまった場合、
調査見積もりについては無料で対応してくれる業者が多くなっていますが、
正式依頼の後の変更については、ほとんどの場合、キャンセルは出来ないことと思います。

このような事態を起こさないためにも、業者から提示されたファイル一覧は必ず目を通し、
細かい部分まで慎重にチェックするようにしましょう。
業者を信頼し、自分での確認を怠ると、
思いもかけぬトラブルが発生する可能性があります。
最初からキチンと確認をすることが必要です。

コメントは受け付けていません。