物理障害とは

個人で物理障害におけるデータを復旧しようとしても、
それは、とても無理な話だと言えるでしょう。
復旧サービスを行っている業者に頼んだ方が、安全であり確実です。

電気系統のトラブル

基盤が壊れていたり、モーターが回らないという事態が見られます。

基盤が壊れている時に現れる症状

まず、BIOSで識別することが出来ません。
モーターが回転しないという事態も見受けられます。
サーボ機構が機能せず、目的の場所を探し出すことが出来ません。

 

基盤が壊れているかどうかの確認方法

まず、HDDを取り出して下さい。
基盤から焦げたような異臭がするときや、
実際に焦げ跡が見られるようなときは、基盤不良の疑いがあります。

モーターが回転しているかどうかの確認方法

モーターが正しく回っている場合は振動があるはずです。
振動を感じない時は、HDDを取り出してみてください。
手でHDDを持ち、電源スイッチを入れます。
そこで振動を感じられれば、モーターは回転していると言えます。

モーターが回転していなかった場合

モーターが回っていない場合、基盤の故障やモーターの故障が考えられます。
また他には、ヘッドが癒着してしまっているケースがあります。
癒着による結合部分を解消すれば、モーターは回るはずです。

※注意点
電源スイッチを入れている状態は短かめにしてください。
長い時間、電源スイッチを入れていると、基盤が損傷したり、
現状より更に状態が悪くなる恐れがあります。

 

カタカタという音が鳴る時は、ヘッドが壊れていると考えられます。
このカタカタという音は、ヘッドがデータの場所を探す時に、
ストッパーに当たってしまうことにより起こる音です。
ヘッドが壊れると、読み書きが出来なくなる可能性が出てきます。

ヘッドの異常が起こる原因としては、

・ヘッドの汚れ
・ヘッドを支えるジンバルが変形している
・ヘッドが外れてしまっている

などが考えられます。

更にキーキーという金属的な音まで聞こえるような場合は、
ヘッドが完全に外れてしまっている状態になっていると考えられます。

アームの先がディスク盤を引っ掻いているため、
ディスク盤に傷がつく恐れがあります。
このように傷がついてしまった場合には、
復旧サービス業者に依頼たとしても、復旧できない可能性が強くなります。

コメントは受け付けていません。