ハードディスクの障害チェック方法

PC電源を入れたのに、ウィンドウズが起動されない時、

その障害のレベルが分かれば、次に起こすべき行動も分かります。

しかし高レベルの障害で合った場合は、専門業者に復旧を委ねるようにしましょう。

 

 

【1】BIOSの設定はどうなっているか

起動の優先順位が、通常通りの設定(?フロッピーディスク?CD?ROM?ハードディスク)であれば、
BIOSや診断ツールを利用することにより、ハードディスクの状況確認ができます。

起動の優先順位が違う場合や自分で順位を変えた場合は、
BIOSから、優先順位を通常の設定に戻してください。

BIOSの起動については、添付マニュアルに記載されています。

マニュアルを紛失してしまった場合は、PCメーカーに確認をしてください。

一部ではありますが、キーボードの「Delete」または「F10」でBIOSを立ち上げることができる機種もあります。

 

【2】ハードディスクを取り外す

BIOSが起動しない、フロッピーディスク・CD?ROMが認識されない状況においては、
マザーボードの故障が疑われます。

ハードディスクを外し、基盤のチェックが必要です。

しかし、このハードディスクの取り外し作業は、非常に大変で、
経験のない人が行うと、元に戻せなくなってしまうこともあります。

心配な場合は、復旧専門の業者に頼んだ方が無難です。

 

【3】IDEで接続してみる

障害の起きているPCの他に、もう1台デスクトップPCがあれば、
障害ハードディスクのジャンパーピンをスレーブ設定にして確認してみることが可能です。

しかし、ジャンパーピンの設定を間違えると大変です。

【4】で説明するUSB接続の方が簡単ですので、そちらをおススメします。

もし、2、5インチのハードディスクを3、5インチ用ケーブルに繋ぎたい時は、
家電量販店で変換アダプターが購入できます。

IDE接続をしても認識できなければ、おそらく物理障害が原因になっていると思われます。

そうすると、個人で復旧することは不可能です。

専門業者に依頼することをおススメします。

 

【4】USBで接続してみる

USBを使って障害ハードディスクを接続する際には、
サイズに合った(1、8インチ・2,5インチ・3、5インチ)外付けのUSBケースがなくてはなりません。

こちらも家電量販店で、1000円?3000円程度で購入できます。

 

【5】管理画面で確認する

IDEもしくはUSB接続が出来たら、管理画面にてハードディスクを認識しているか確かめてください。

ウィンドウズXPの場合でしたらコントロールパネルを起動し、その後

[パフォーマンスとメンテナンス]→[管理ツール]→[コンピュータの管理]→[ディスクの管理]

と進みます。

 

たとえ「マイコンピュータ」で認識されていなかったとしても、

「ディスクの管理」で認識されていれば、そのハードディスクは復旧できる見込みがあります。

しかし、どちらでも認識されないようであれば、物理障害が考えられます。

その場合、個人での復旧は諦め、専門業者での対応が必要です。

コメントは受け付けていません。