「ファックションキー8」でも起動しないセーフモードとは!?

あなたはこれまでパソコンの立ち上がりが遅かったり、当然画面が開かなくなったりした経験はありませんか?

電化製品は購入して10年も立つと故障が目立ち始めます。

しかし、パソコンの場合はもっと短い時期にトラブルが発生します。新品で購入しても1週間以内で故障する率も高く、通常は3、4年も経てば、内蔵のハードディスクなどはトラブルが発生しやすくなります。

また例えば文書や画像の保存が遅くなったり、インターネットサイトやダウンロードが遅くなったりするトラブルも増えてきます。これまでなかったような不自然な動作や、違和感がある場合には、まず使用中断するのが基本です。

 

その他、トラブルの中でも一番困るのが電源を入れてもモニターが画面が黒いままで反応しない場合です。

この場合は電源コードを確認したり、コードが繋がっていても画面が開かない場合はパソコン本体の故障が原因の場合が多いのです。

パソコンに内臓や外付のハードウェアやネットワークなどが原因で起動しない場合がありますが、その場合は「ファンクションキー8」を押してメニューに答えていくとセーフモード(Safemode)でパソコンを立ち上げることができます。

このセーフモードで起動した場合はパソコンの最低限度の機能は使えるのでしばらくは様子を見るといいです。

しかし、問題はセーフモードでも起動しない場合です・・・。

 

この場合はHDDを含む機械の深刻なトラブルの可能性があります。

できるだけいじらずにそのまま専門のデータ復旧業者に依頼することをオススメします。

 

また保管データが必要ないなら、購入したメーカーのサポートセンターに連絡をしてみてください。

「修復方法もHDDの中のデータを優先するか?」「パソコンを正常な起動を優先するか?」で修復の方法も違ってきますがメーカーではデータが必要なければ部品を交換し、購入時の状態で戻ってきます。

 

修理費用も内容によってはかなり、高額になる場合もありますが、一般的には3、4万程度は掛かると思ったほうが良さそうです。

修理にかかる日にちはおおよそ2週間、14日程度、掛かると思っていたほうがいいです。

 

修理費や修理にかかる日にちを聞いて個人で有料、無料を問わず復元ソフトを購入してデータを復元した方が良さそうだと思いたくなります。

しかし、自分で復元を試してみてもインストールに失敗したり、データの上書きをしてしまって元のデータを消してしまった人も多く、2次災害に発展しやすいので要注意です。あまり大切ではないデータの場合だけにやった方が良いでしょう。

そのため、保存してあったデータが大切な場合には、メーカーに依頼せずに、また自分で復元ソフトを試したりせずに、パソコンの電源を落として、現状維持に努めましょう。

 

大事なデータを上書きして消してしまって後悔するより、まずは専門のデータの復元業者に依頼することをオススメします。

コメントは受け付けていません。