セーフモードにしたのになぜパソコンが正常起動しない!どうしたら良い?

自分が使っているPCに何らかのエラーが発生したら、セーフモードという機能を起ち上げてみて下さい。

操作は限られてしまいますがWINDOWSのOSを動かすことができます。

起ちあげた時に現れるロゴの画面で「F8」というキーを押します。次に’オペレーションシステムの選択’でセーフモードを選びます。

但し、エラーの原因がHDDトラブルの場合はセーフモードを起動させることができず全ての操作が実行で出来ません。

エラーとなる原因にはシステムの系統(論理障害)によるものと、HDDなどの機械的なトラブル(物理障害)によるものとがあるのでしっかりと確認して下さい。

パソコンが動かなくなってしまった時の対処法

このときの判断内容としては、PCそのものを動かしたいのかHDDを守りたいかなのですがそれによりするべき事が変わってきます。
ここで覚えておくべき重要な点はPC起動を優先とした時にはデータファイルが戻らないということです。

それを踏まえたうえで、PC起動をしたいのならサポートセンターへ電話をして下さい。修理代金として平均3万ほど掛かります。
ただ、ここでHDDを交換したりFORMATが初期化されてしまうため大切に保管してあったデータを取り戻す事は不可能になります。

これとは逆にデータを復元させたい時の方法は内蔵ハードディスクをケースから取り出します。
もし異常が発生したら出来るだけ触らずに電源を切って下さい。下手にいじってしまうと、取り返しが付かなくなります・・・。

 

データ復元ソフト

データを復元させる事のできるソフトであれば自ら戻す事が出来るというのを聞いたという人ももしかするといるのではないかと思います。
しかし、これは無料であっても有料であっても、障害発生後には使わないようにするほうが正しい選択です。

もし仮にそのソフトを使用して失敗してしまったらもう二度とデータを取り戻せなくなりますし、実際にそうした実例が数多くあるからです。
たとえば、インストールした時点で復元させたいと思っていたデータに新たなものが上書きされて無駄になってしまうといったトラブルです。

その他、復元元と復元先を誤って指定しまい、自分でデータを破壊してしまうケースがあります。
どうしても復元ソフトを使いたいのであれば、消えても大丈夫なデータが入っている時にしてください。消したくないデータである場合、いくら後悔してもどうにもならなくなってしまうので注意が必要です。

 

バックアップを取りましょう!

いつも普通に使っていたパソコンが動かなくなったら…あなたはどうしますか?
日頃から「バックアップをとっておこう!」と思っていても、日々の忙しさにまぎれて、ついつい後回しになってしまいますよね?。
しかし、着実にハードディスクは寿命を迎えるのです。

それは、なんの前触れもなく…。急にやってきます。「ヒトゴト」では済まないですよ… 本当に!怖い怖い―。
その、なに者にも変えがたい、ハードディスクの寿命は、何年くらいだと思いますか?
「購入して4?5年も持てば良い方」だそうです。

3年目を迎えるときには、手を打たなければ安心でいられない…ということです(^^!)
一番良いのは、ハードデイスクを交換すること!
バックアップも取れるので、一石二鳥です。…とはいえ、
パソコンを購入して数年で、ハードディスクを購入する。
年中、パソコンにお金を掛けている感じですよね。

パソコンは、便利だけど、ちょっと大変だな―。と思いますが、
安心を買うと思えば、しかたないことです。
せめて、バックアップだけでも、取っておきたいものですね!

 

データが大切な場合の対処法

もし、バックアップする間もなく、パソコンが動かなくなってしまった時は …
焦らず、冷静に、次の方法で対処してみてください!

☆1 ハードデイスク本体が、物理的な障害を起していないことを確認する。

☆2 『決して、自分で触らない!』
『すぐに電源を落とす』
これは鉄則です!
大切な仕事のデータ、家族の写真など、貴重な物が消えてしまっては、大変です!
必ず守ってくださいね!

 

自分でデータを復旧できる可能性は、微々たる物です。
万が一、間違えてしまったら、データの復旧は不可能になってしまいます!
ハードデイスクの中のデータを無くしたくないのなら、
自分で闇雲に触るよりは、プロにお願いしましょう。

データの復旧をしてくれるサイトをご紹介しますので、問い合わせてみてください。
低価格で最良のサービスを提供してくれます(^^)
きっと、あなたの大切なデータを回復へと導いてくれるでしょう!!
見積もりは無料ですので、検討してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。