DISK BOOT FAILUREとエラーメッセージが表示されてパソコンが起動しない

disk boot failure insert system disk and press enter

エラーメッセージ

DISK BOOT FAILURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER』

がモニターに出現した場合、これは、ウィンドウズのシステムファイルまたはHDDの起動に必要な情報が破損してしまったという事態が考えられます。

特にHDDに機械的なトラブルが起こり、起動するためのファイルが見つからない状況の時に表示されるエラーメッセージなのです。

 

では、このメッセージに対して、どのような対処をすれば良いのでしょうか?

パソコンを正常に使用できるようにするためには、

  1. 壊れたHDDを正常に動く新しいHDDに交換し、起動のためのファイルをコピーする
  2. 起動CD-ROM等のオペレーションシステムを再度インストールし直す
  3. パソコンメーカーに依頼し、OSの初期化リカバリーを依頼する

HDDの機械的な故障以外にも、ウィンドウズのオペレーションシステムを起動するために必要なファイル(MBR)がウイルスにより破壊されていたり、物理的障害ではなく論理的障害、たとえば分割された領域が消滅してしまった、などの理由でHDDがダメージを受けていた場合に

『DISK BOOT FAILURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER』

のメッセージが出ます。古い劣化したハードディスクに多く見られる症状のため、このエラーメッセージが表示された場合、基本的にはハードディスクの交換が必要です。問題なのは、保存してあったデータです。ハードディスクの交換作業は左程、難しい作業ではありませんが、保存してあったデータが必要な場合、データ復旧業者に依頼しデータの復元作業をお願いした方が良いでしょう。

というのも、初期化リカバリーもHDD交換も基本的にはデータにアクセスできなくなります。データが必要ない場合には、緊急手段としては有効ですが、2度と手に入らない写真や動画、長年更新してきた会計データや研究データの記録、エクセルの見積書やワードの請求書、納品書などは個人的にも会社的にも非常に困った事態を招きます。

安易な初期化リカバリーは、あとの祭りになりやすいので、慎重に検討する必要があります。

 

よくあるご質問に『昨日まで普通に使えていたのに、今日突然、DISK BOOT FAILURE と表示されて、パソコンが起動できない』というものがあります。全く問題なく動いていたパソコンが、ある日突然エラーになり動かなくなったような時にこのエラーメッセージは表示されるので、購入から4年以上経過し劣化したハードディスクは注意が必要です。

コメントは受け付けていません。