GPT保護パーティションと表示されてウィンドウズPCからハードディスクにアクセスできない

GPT保護パーテーション

マックとウィンドウズのどちらでも使えるようにすることを目的として、バッファローのLS系リンクステーションなどでもGPTが用いられるようになりました。

この影響により、マックで使用していた外付けのハードディスクドライブを、古いオペレーションシステム(OS)を使っているパソコン(Windows)で接続しようとすると、GPT保護のためのパーティションにより接続できない場合が出てきます。

複合したOS環境下でのパーテーション

LAN環境下

どうにかしてデータを抜き取りたいと考え、ハードディスクをSATA接続の外付けケースで、パソコンに接続しても、やはりGPT保護により、普段のようにハードディスクを使うことはできません・・・。

状況によっては「フォーマットされていません、フォーマットしてください」というメッセージが出て、エラーになり焦ることになります。

そこで、パーティションを削除してフォーマットをし直すために、もし、ウィンドウズXPを利用していた場合、コントロールパネルからディスクの管理を選んで、パーティションの削除に進もうとしても、そのメニューが選択できないようになってしまっています。

そもそも『GPT保護パーテション』は扱えるOSが限定されているためです。

OSが限定されているGPT

これは何故かというと、マックで使用されている新しい形式のパーティション(GPT)でコントロールされているハードディスクのため、ウィンドウズで使われている古い形式のOSによって破壊されることのないように保護されているからなのです。

そのためウィンドウズXPより以前のオペレーションシステム(OS)では、GPT保護パーティションのハードディスクに繋げようとしても、全く受け付けられないような状態になります。

OSのアップデートが終了したので、さすがにXPやVISTAといった古いOSの利用者はほとんどいなくなっていますが、GPT保護パーテーションの操作は注意が必要です。

パーテーション情報の消失

MBRやGPTなどのパーテーション管理情報が欠損、破損した場合、そのドライブにはアクセスできなくなります。フォーマット形式は残っている場合や残っていない場合など様々ですが、データの欠損や破損率は高くなります。

そもそもパーテーション情報の消失トラブルは、磁性体の劣化やバッドセクター(不良セクター)の発生により、起こる故障だからです。

磁性体の劣化は、よく扱うデータやシステムで起こりやすく、そのため一度、発生すると、そのトラブルは深刻になります。データ抽出できても破損してしまっている確率が高いからです。

特にバッドセクター(不良セクター)は、急激に範囲が拡大するケースが多く、その発生はヘッド不良に繋がりやすく、最悪データ領域を破壊してしまうケースがよくあります。

そのため、ドライブの消失やパーテーションの消失が発生した場合、被害が拡大し、復旧不可になる前に、専門のデータ復旧業者に依頼するのが安全です。

コメントは受け付けていません。